日韓トンネル・プロジェクト

地方自治体の動向(意見書採決など)



 ≪各自治体のHP紹介≫

佐賀県・「こちら知事室」です 現場からお伝えします

  平成22年5月10日(月曜日) 日韓トンネル構想に関する検討会


太平洋新国土軸構想の実現と日韓トンネル建設の早期着工を求める意見書

  平成23年10月13日  徳島県議会議長 岡本 富治


◇平成25年 壱岐市議会6月定例会議 質疑(平成25年6月12日)

  ≪一般質問≫ 豊坂 敏文 議員(日韓トンネルの早期建設について


平成25年 第1回定例会審議結果(pdf

平成25年 第1回定例会(3月) 一般質問通告一覧表

平成25年 第1回対馬市議会定例会会議録(第20回)(pdf
  (平成25年3月26日 火曜日)

 ≪日程第5 請願第1号、追加日程第1 発議第2号−−抜粋≫

 日程第5 請願第1号 アジアと日本の平和と繁栄を目指す「日韓海底トンネル」の早期建
   
設を求める請願

 ●追加日程第1 発議第2号 「日韓海底トンネル」の早期建設を求める意見書

 アジアと日本の平和と繁栄を目指す「日韓海底トンネル」の早期建設を求める意見書(案)
    (平成25年2月1日、長崎県対馬市議会)


 ≪各種報道機関の紙面紹介≫

 ◆日韓トンネル建設を、対馬市議会意見書を可決長崎新聞、2013年3月27日)

 対馬市議会は3月26日、日本本土から壱岐、対馬を経由し韓国までをつなぐ「日韓海底トンネル」の早期建設を国に求める意見書を可決した。意見書では東アジアの一体化と平和を求める歴史的試み」と訴えている。市議会は2月に長崎市の任意団体「日韓トンネル推進長崎県民会議」 (川口勝之議長、約130人)から同トンネルの早期建設を国に働き掛けるよ、つ求める請願書を受理。今議会の産業建設常任委員会で審議し、26日の最終本会議で採択したことを受け、大部初幸議員が意見書案を発議した。

 同県民会議によると、トンネルは佐賀県唐津市から壱岐、対馬両市を経由し、韓国・巨済島までを結ぶ。全長は235`と想定。早期建設を求める同様の活動をしている団体が複数あるという。意見書ではド!バー海峡の「英仏海峡トンネル」へ全長38`)をモデルとし、日
韓海底トンネルが完成すれば人と物の流れが拡大し、日韓中の経済圏が強化され、東アジア全体の経済発展に貢献すると強調した。意見書は衆参議長、総理大臣らに提出する。

 「長崎新聞」、2013年3月27日 PDF版

 ◆対馬市議会が「日韓海底トンネル」推進決議 建設には7兆8000億円、採算取れるのか (J-CASTニュース 3月28日(木)18時46分配信)

 韓国からの往来が多い長崎県対馬市の議会が、日本と韓国とを結ぶ海底トンネルの早期建設を政府に対して求める意見書を可決した。この構想自体は古くからたびたび提唱されてきたが、自治体として推進を求めるのは異例だ。だが、トンネル建設は経済面で合理的ではないという試算もあり、現時点では実現性に乏しいのが実情だ。市議会では、2013年2月に長崎市の任意団体「日韓トンネル推進長崎県民会議」から請願を受け、産業建設常任委員会で審議を行ってきた。意見書は同委員会から本会議に付託され、2013年3月26日に採択された。議場からは特に異議を唱える声はなかったという。(続きを読む


 「日韓トンネル推進徳島県民の会」(2010年11月22日、徳島市内)
     (「徳島新聞」、2010年11月22日付)

Home


≪ 任意団体 日韓トンネル建設促進協議会≫
Copyright(c)(Association for Promotion of the Japan-Korea Tunnel Construction)、
All rights reserved